オンラインカジノの決済代行会社の役割とメリット・デメリットを公開!

オンラインカジノの知識

オンラインカジノでは決済代行会社を利用できます。

利用すべきなのかどうかがわからずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。決済代行会社がどのような役割を果たしているのかがわかると利用価値を見出せます。

オンラインカジノで決済代行会社を使うメリット・デメリットと併せて詳細を確認し、利用するかどうかを考えてみましょう。

<この記事を読むとわかること>

  • 決済代行会社の意味と役割
  • オンラインカジノの決済代行会社の特徴
  • オンラインカジノで決済代行会社を使うメリット・デメリット
  • 代表的な決済代行会社

決済代行会社とは?

決済代行会社とはサービスの提供者と利用者の資金のやり取りを代行するサービスの提供会社です。

サービスを幅広いユーザーに利用してもらうためには、さまざまな決済方法に対応することが必要な時代になりました。

銀行振込やクレジットカード払いなどのキャッシュレス決済のようにいろいろな支払い方法を利用者が自由に選べる基盤を整えるのが当然になってきています。

決済代行会社はサービスの提供者と利用者の間に立ち、利用者が便利な決済方法を簡単に利用できるようにする役割を果たしています。

オンラインカジノの決済代行会社の役割

オンラインカジノでは決済代行会社を利用できる場合がほとんどです。

オンラインカジノにおける決済代行会社の役割は資金移動の代行です。

オンラインカジノで使用する資金を利用者が簡単に出し入れできるプラットフォームを提供しています。

利用者の視点から決済代行会社の仕組みを詳しく確認しておきましょう。

オンラインカジノの入出金に利用する

オンラインカジノを利用するときには資金を入金したり、出金したりする必要があります。

オンラインカジノでは銀行振込やクレジットカード、仮想通貨などのさまざまな方法で入出金が可能です。決済代行会社も入出金の方法の一つとして利用できます。

決済代行会社に依頼してオンラインカジノに送金すれば、ゲーム資金として使えます。決済代行会社への入金にはクレジットカードや銀行振込を代表として、多岐にわたる方法を選べるのが魅力です。ゲームをプレイしたいオンラインカジノが対応していない方法でも、決済代行会社を経由すれば入金に使えます。

出金先としても利用可能で、決済代行会社が対応している送金先に自由に資金を動かせるのが魅力です。銀行への出金はもちろんですが、他のオンラインカジノのアカウントに送金することもできます。

ウォレットとしての役割が大きい

決済代行会社はウォレットサービスを提供しているのが一般的になりました。

決済代行会社のウォレットに入金し、ウォレットからオンラインカジノに送金するという流れで入金ができます。

オンラインカジノで稼いだお金を出金して決済代行会社のウォレットにプールして資金管理をするのにも活用できます。

オンラインカジノでは決済代行会社が資金の移動と管理の目的で使用する電子ウォレットとしての役割を果たすことが多くなりました。

魅力のあるオンラインカジノに資金を移動すれば有効活用できるため、決済代行会社がよく注目されています。

オンラインカジノで決済代行会社を使うメリット

オンラインカジノの入金・出金に決済代行会社を利用すると、他の方法に比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

代表的なメリットは以下の3つです。決済代行会社の利用を検討する上で重要なポイントなので参考にしてください。

  • 24時間対応で入金も出金も早い
  • 安全な資金管理ができる
  • 複数のオンラインカジノで使える

24時間対応で入金も出金も早い

決済代行会社を利用すると入金も出金もしやすいのがメリットです。

決済代行会社は24時間対応をしていることが多く、オンラインカジノの入出金をいつでもおこなえます。決済代行会社からの送金やオンラインカジノからの入金の受付も比較的早く、会社によっては即日の対応です。

オンラインカジノ側も対応が早いため、資金がすぐに欲しいときも、儲かった資金をすぐに手に入れたいときにも適しています。

安全な資金管理ができる

決済代行会社は安全性の高いウォレットサービスを運営している場合がほとんどです。

国からのライセンスを受けて、高いセキュリティでサービスを提供している会社もあります。オンラインカジノで使う資金を安全に管理する方法として優れているサービスです。

スマホのアプリで資金状況を確認できるサービスが多くなり、資金管理に使用する電子ウォレットとしての価値が高まっています。

複数のオンラインカジノで使える

決済代行会社はオンラインカジノの入出金によく用いられています。

一つの決済代行会社のウォレットを持つと、複数のオンラインカジノで使えるのがメリットです。あるオンラインカジノで勝って儲かったときに、出金して他のカジノに資金を簡単に移せます。

トータルの資金を決済代行会社のウォレットにまとめることもできるため、オンラインカジノに使う資金管理をしやすいでしょう。

オンラインカジノで決済代行会社を使うデメリット

オンラインカジノで決済代行会社を利用するのにはデメリットもあります。

他の入出金の方法と比較して、決済代行会社の代表的な問題点は以下の3つです。

オンラインカジノでは他の方法も入出金に使えるので、デメリットも加味してより良い方法を選びましょう。

  • ウォレットからの出金手数料が高い
  • 本人確認(KYC認証)が必要になる
  • 複数の決済代行会社から選ばなければならない

ウォレットからの出金手数料が高い

決済代行会社はウォレットからの出金手数料が高いのがデメリットです。

オンラインカジノから決済代行会社への出金では手数料が比較的安いことが多くなっています。しかし、ウォレットからの出金では数ドル~数十ドルがかかるので注意が必要です。

例えば、エコペイズでは通常5.9ユーロ以上の手数料がかかります。アイウォレットでは出金額の0.5%が手数料で、最低35ドルの支払いを要求しています。

出金手数料は決済代行会社によって違います。ただ、オンラインカジノから直接銀行口座に出金するよりも手数料が大きくなることもあるので注意が必要です。

本人確認(KYC認証)が必要になる

決済代行会社の利用にはKYC認証が必要になる場合がほとんどです。

KYCとは「Know Your Customer」の略で、顧客の本人確認を指します。公的機関が発行した有効な身分証明書と、住所確認書類の提出が求められるのが一般的です。

オンラインで書類の写真をアップロードするだけなので手続きは簡単です。ただ、海外の決済代行会社に個人情報を提供するのに抵抗感があることもあるでしょう。

身分証明書や住所確認書類の用意が大変な場合もあるので、利用の際には気を付けた方が良い点です。

複数の決済代行会社から選ばなければならない

オンラインカジノでは複数の決済代行会社に対応していることがほとんどです。

複数の決済代行会社を利用する必要はないので、候補を選ばなければなりません。どの業者が最も使いやすくてお得かを考え始めると、選ぶのにかなり労力が必要になるのがデメリットです。

これからどのオンラインカジノを使っていくか、手数料は安いか、サービスのクオリティは高いかなど、比較観点もたくさんあります。とりあえず人気のある決済代行会社を選ぶ人も多くなっています。

オンラインカジノで人気の決済代行会社

オンラインカジノでは複数の決済代行会社に対応していることが多いので、どれを選べば良いか迷うのが当然です。オンラインカジノが対応している決済代行会社について比較しておきましょう。

  • エコペイズ(ecoPayz)
  • マッチベター(MuchBetter)
  • アイウォレット(iWallet)
  • ジェットオン(Jeton)
  • ヴィーナスポイント(VenusPoint)
  • アストロペイ(AstroPay)
  • スティックペイ(SticPay)

以上の7つのサービスはオンラインカジノでよく使われていて、魅力のあるサービスを提供しているという定評がある決済代行です。サービスの概要を見て、どれが良いかを考えてみましょう。

エコペイズ(ecoPayz)

エコペイズはイギリスに拠点を置く決済代行会社です。50か国の通貨に対応し、イギリスのFCAによるライセンスを保有しています。

セキュリティの高いアプリで簡単に資金管理ができるのが魅力です。オンラインカジノでよく用いられていて、対応しているカジノ数が多いのも特徴です。

送金や支払いを通してアカウントのレベルを上げると手数料がお得になるのも魅力で、エコペイズは複数のオンラインカジノのハブとして使うのに適しています。

マッチベター(MuchBetter)

マッチベターは数々の受賞歴があるモバイル対応のウォレットサービスを提供している決済代行会社です。

イギリスのFCAによる認可を受けていて、セキュリティも安全性も高いサービスです。マッチベターはゲーミング口座を用意しているのが特徴で、オンラインカジノやオンラインゲームのための資金を別管理できます。

米ドル・円・ユーロの3大通貨に対応しているため、入出金にも複数のオンラインカジノの資金管理にも使いやすいウォレットです。

アイウォレット(iWallet)

アイウォレットは日本人CEOが香港で運営している決済代行会社のウォレットサービスです。

オンラインカジノ関連の決済代行会社では手数料の水準が低いのでよく用いられています。対応しているオンラインカジノも多くて便利です。

プリペイドカードのiWallet Cardはマスターカードのブランドなのでさまざまな支払いに利用できます。

アイウォレットからの出金先にもお得に使えるので、オンラインカジノの利益を日常の支払いに使えるようにしたい方におすすめです。

ジェットオン(Jeton)

ジェットオンはイギリスのFCAによるライセンスがあるだけでなく、サッカーチームの公式スポンサーになるなど、社会とのつながりを重視しているLa Orange GE LCCが運営しています。

モバイル対応のウォレットサービスで、オリジナルの電子マネーのJetonCashも利用可能です。Jeton Walletでは70種類を超える決済に対応しているので、資金を多様な用途で活用できます。

入出金の手数料も業界最低水準を誇っているため、オンラインカジノで使う決済代行会社として魅力があります。

ヴィーナスポイント(VenusPoint)

ヴィーナスポイントは決済代行会社と見なされることが多いですが、厳密に言えばポイントサービスです。

ヴィーナスポイントというポイントとして資金を管理できる仕組みになっています。現金を入金することはできませんが、オンラインカジノから出金してヴィーナスポイントにした後、他のオンラインカジノに入金することが可能です。

入金や送金によってポイントバックがあり、手数料も低いのが魅力です。まとまったポイントがあれば無料で出金できるので、オンラインカジノのユーザーがよく活用しています。

アストロペイ(AstroPay)

アストロペイはオンラインカジノでは決済代行会社と見なされていますが、プリペイドカードに近い性質があります。

オンラインカジノへの入金にも出金にも使えるサービスで、運営実績の長さでは業界トップクラスです。ロンドンで成立されてFCAの認可もあるため、安全性も信頼性もあります。

オンラインカジノから出金したときに銀行口座に送金することはできません。オンラインカジノ間でのハブとしての価値が高いサービスです。

スティックペイ(SticPay)

スティックペイはイギリスのFCAによる認可を得て運営している新参の決済代行会社です。

オンラインカジノだけでなく海外FXやブックメーカーなどでも対応が進んでいる人気のサービスで、グローバルシェアが拡大しています。

入出金の手数料も決して高くはなく、銀行振込だけでなく仮想通貨にも対応しています。プリペイドカードのSTICカードを発行すると残高を支払いに使いやすいのも特徴です。

オンラインカジノではまだ広く使えるわけではありませんが、将来的にはハブとしても使えるようになると期待される決済サービスです。

まとめ

決済代行会社はオンラインカジノのアカウント資金の入出金を代行する役割を果たしています。

オンラインカジノにさまざまな方法で入金や出金をしたいときには、ウォレットとして利用すると便利です。

複数のオンラインカジノが対応している決済代行会社も多いので、資金移動をするときにも役に立ちます。

決済代行の利用は必須ではありませんが、オンラインカジノの資金管理には便利です。オンラインカジノの入出金の方法として検討してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました